【夕食部】酒肴屋 迷亭

十八番街の酒肴屋 迷亭さん、自分は2回目。「何を頼んでもおいしい」という評判通りでした。

店内は我々団体客以外は皆女性客!

まず黒ビール(500円)。日本酒、ワインも充実しているようでした。

写真撮り忘れましたが、スペインの冷製スープ、「トマトのガスパチョ」というお通しをいただきましたが、ショットグラスのためか女性たちはなぜか手をつけたがらず。辛いと思ったのでしょう。タバスコが辛くないような不思議な味でした。

島野菜の前菜盛り合わせ(780円)

そしてイチオシのこちら
「迷亭の手羽先から揚げ(5本)」(450円)

メニューによると、

名古屋の手羽先を八重山風にアレンジ。秘伝のタレは黒糖、シークワーサー、泡盛などの島素材。
スパイスは島唐辛子、ピパーツ、ウコンなどで香り付け

ということでめちゃうまでした。1人1皿注文でも良かったでしょう。

自分は2皿食べたいくらい。

「エビと島バナナのチリマヨソース」(750円)もおいしかった〜

カツオのカルパッチョ(650円)

島豆腐のステーキ(400円)

野菜たっぷりの島そばナポリタン(750円)

などをいただきました。

迷亭の常連さんが見たら「あれ注文しなかったの!?」とツッコミが入るかもしれませんが、それは次回またリベンジしたいと思います。

facebookでコメントいただければと思います。

電話 0980-87-0880

18時00分~23時00分